格安航空会社は、大手航空会社とどこが違うの?

- 格安航空会社は、大手航空会社とどこが違うの?

格安航空会社は、大手航空会社とどこが違うの?

たくさんの種類の格安旅行会社ができたことによって、私たちは格安航空券を利用しやすくなりましたよね。
今までは、敷居の高かった空の旅がとても身近なものになりました。
飛行機に乗って旅行をしたいけれどお金がかかるからなかなかできないということが少なくなり、気軽に飛行機を使った旅行ができるようになりました。
格安で飛行機に乗れるということで、とてもありがたいことなのですが、気になるのは、大手航空会社と格安航空会社との違いです。
どのような違いがあるのでしょうか。

座席の広さの違い

格安航空会社は、格安で飛行機のチケットを販売するために、いろいろなコスト削減をしています。
その中でも、大手航空会社と比べて一番違いを感じるのが、座席の広さです。
一度にたくさんの乗客を乗せて運べる方が、コストを下げることができますよね。
そのため、狭い機内の中に座席がたくさんあるので、一つ一つの座席が小さく、隣との距離も近くなっています。
ビジネスクラスなどに乗りなれている人にとっては、座席の広さが気になるかもしれませんね。

機内サービスの違い

格安航空会社のコスト削減の代表的なものとして、機内サービスの有料化が有名です。
これまで、無料で受けられていたサービスを有料化することで、人件費を削減して、必要な人に必要な量のサービスができるように効率をよくしているのです。
過剰すぎるほど丁寧なこれまでの客室乗務員のサービスに慣れている人にとっては物足りないかもしれません。

格安旅行会社の特徴を知っておきましょう

格安航空券を購入できる格安旅行会社は、旅行のコストを抑えるのにはとても便利です。
格安で、飛行機に乗ることができたら、気軽に行ってみたい場所に行くことができますよね。
旅行の時だけでなく、出張の際などもとても便利です。
ただし、大手航空会社と同じレベルの空の旅はできません。
利用してみてからがっかりすることの無いようにその点についてしっかり知っておく必要があります。

△PAGE TOP

Copyright(C)2016 安くても旅を充実させる方法とは?お得な格安航空券を使おう! All Rights Reserved.